FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティルトで撮るコツ

そんなこんなでやっと写真が撮れるようになったわけですが、
実際に撮ってみると意外と難しいことがわかりました。

まずはアングル。こまごまとしたものを俯瞰する位置から撮るのがよいのですが、
80mmだと望遠すぎて、かなり高い展望台のような場所に行かないと、
うまく撮ることができません。

ビルに上ったり、山に登ったり・・・そうして撮った写真です。

【ミニチュア道路工事】
ミニチュア02

さらに、当然ピントはマニュアルですが、ファインダーでピントを合わせても、
できた写真ではピントがズレます。
これがいちばん難しかった。

以前のコンタックスのカメラに「フォーカスブラケティング」という
ピント位置を微調整して連写する機能がありましたが、
これを手動でやる必要があります。
ねらったところにピントが合うのはまぐれ。

これは想像なのですが、ティルトで光軸を傾けたものを、さらに
カメラ内のミラーで反射させているのが原因なのではないかと思います。
構造上の問題。

同じような理由でしょうか、露出(メータードマニュアル)も
表示があてにならなかったようです。

ということで、むだゴマが量産されます。
 

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。