スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液晶ビューファインダー

一ヶ月以上も更新が滞ったのは初めてです。
このところバイオリズムが芳しくないですね。
なんとかこの鬱閉した状態を打破したいのですが。

さて、前回ちょっとだけふれた液晶ビューファインダー(EVF)の新製品。
EPSONからぞくぞくと発表されております。

電子ビューファインダー向け
超小型・高精細高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル量産開始
- 光学ビューファインダーを代替、デジタルカメラの小型・薄型化を実現 -


電子ビューファインダー向け
0.52型QHD高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル開発
― ULTIMICRONシリーズ第2弾、カムコーダー用途に適したワイドパネル―


どの製品で載せてくるのか楽しみにしていたところ、
オリンパスのE-P2の外付けファインダーが、どうやらこれのようです。
一方、リコーのGXRのものは、自社生産でしょうか?
これもなかなかよさそうですね。

パナソニックのG-1が出たときに、ついにEVFの時代が来た!と思ったのですが、
GF-1の外付けEVFがどうしようもないシロモノで・・・一歩後退。
そして、オリンパスE-P2、リコーGXRで再び躍進と。
確実に進化を遂げています。

【無題】
無題

わたしなどは、光学ファインダー(OVF)に慣れきっているため、
使うとしたらEVFよりはまだOVF派なのですが、
解像度やコントラストの問題はかなり解決してきましたし、
一番の問題であるタイムラグも、解決は時間の問題でしょう。

それよりも、暗いレンズでも明るく見える、
暗闇でも視野が確認できる、
ボケ量がリアルタイムで確認できる、などなど、
EVFが今後も改良されていくならば、その将来性は計り知れないです。

デジタルがフィルムをほぼ駆逐してしまったように、
100年以上も続いてきた、「すりガラスでピントを合わせる」という時代も、
そろそろ終焉をむかえるのかもしれません。

それでもわたしはフィルムが残る限り、
メカニカルのフィルムカメラは使い続けますけどね。
やはりそれぞれに、よさはあります。
 

コメント

この写真の場所、見覚えある!
福生??

あ、そういえば一緒に行きましたね。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。