スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キヤノンから新型コンパクトカメラ発表

別にキヤノンの回し者ではないのですが・・・
というよりむしろ、わたしはキヤノンというメーカーがあまり好きではない。
でも、最近発表になった2機種は非常に魅力的に思った。

まず、PowerShot G11
これまであったG10の後継機種だが、
G10が画素数1,470万画素であったのに対し、
G11では1,000万画素と画素数が減らされたのだ。

画素数を減らすことでセンサーの1画素あたりの面積を増やすことができ、
ノイズやダイナミックレンジの面で優位になるというのは、
よく知られているところではある。(ニコンD3などがよい例だ)

しかしながら、キヤノンがそれをするとは予想していなかった。
キヤノンはいつもアグレッシブで、
デジタルカメラの多画素化を率先してきた感があるからだ。

逆にいうと、多画素の最先端をいっていたキヤノンが、
本気で「高画質とは何か」ということを考えはじめたのかもしれない。
これは他メーカーの脅威になるだろうなあ。

しかし多画素化という難問につねに向き合っているからこそ、
あえて画素を減らすという選択肢があるわけで、
キヤノンにはこれからも多画素化を追求してもらいたい、とも思う。

ところでG10といえば、アナログダイヤルを多用した操作性に定評があったが、
G11でもそれが継承されているようだ。
しかし、モードダイヤルと露出補正ダイヤルの位置は、
絶対に逆のほうが使いやすいと思いますよ。
いまさら遅いでしょうけど。

【無題】
無題

つづいてPowerShot S90
これもG11と同じセンサーを搭載していて、画質にこだわったモデル。
しかしこのカメラの興味深い点は、デザインだと思う。
ものすごく、キヤノンらしくない。

キヤノンのコンパクトカメラはIXY Digitalシリーズが有名であるけども、
どうにも華美な印象のあるデザインは好きになれなかった。
なんだか、バタ臭いのである。

しかしこのS90、きわめてオーソドックスなデザインでまったく飾りっ気がなく、
「中身で勝負してますよ」という気概が感じられて好ましい。

いずれにしても、この2機種はキヤノンらしくない。
キヤノンらしくないところに魅力を感じる、ということは、
やはり私はキヤノンが嫌いなのだなあ、と再認識した。
 

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。