スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンパスE-P1がほしい・・・

パナソニックのG-1あたりから、デジタル一眼の流れが大きく変わってきたようだ。

ミラーレスのレンズ交換式一眼が、世の中に受け入れられるのかどうか。
それがG-1のいちばんの注目点だったわけだけれども、
結果として、かなりの成功をおさめたようである。

では、これまでどおり光学ファインダーをもった一眼「レフ」カメラはどうなるかというと、
光学ファインダーだからこその魅力をそなえたカメラを出さなくてはならなくなる。
その結果が、ペンタックスのK-7のようなカメラだ。
小型軽量だけれども、剛性感のあるボディと見やすいファインダー、
一眼レフらしい音、動作。
そういった付加価値で、評価が高まっている。

そんなふうに、写りがよいだけではない、別の魅力を備えたカメラが、
今後たくさん出てくるのではないだろうか。

その流れの中での、オリンパスE-P1である。

【練馬区的風景】
練馬区

E-P1は、一眼レフカメラの派生型ではあるが、
コンセプトとしてはレンジファインダーカメラに近い。

おそらく、光学ファインダーを持たないことや、
ボディがコンパクトである点などから、
望遠系を得意とする一眼レフに対して、
広角~標準域のレンズと組み合わされることが多くなるだろう。

だから、このカメラのライバルは従来の一眼レフばかりではなく、
デジタルのレンジファインダーカメラ、あるいは、
高級コンパクトデジタルカメラも含まれるのではないだろうか。

オリンパスはこのカメラを、一般的なコンパクトデジカメからの
ステップアップを望む人を対象としたものだと考えているかもしれないけど、
そういう人にはちょっともったいないくらい、魅力的なコンセプトを持ったカメラだと思う。

買えない人間のひがみなんですけどね・・・
 

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。