スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境倫理学ワークショップに参加して 3

講義の翌日には見学会があって、
天栄村湯本地区内で、
エネルギーについて新しい試みをしている施設をたずねた。

保育所では地熱を利用した冷暖房を取り入れており、
東北大の研究所(とはいっても古い民家なのだが)では
新型の薪ストーブを導入していた。
薪ストーブは、我が家にもほしい。

最後にはBritish Hillsという宿泊研修施設に食事をしに行った。
ここはイギリスの町をそのまま移植したようなつくりの施設で、
それもそのはず、わざわざ家具やガラス、
建築用の木材までもイギリスから取り寄せたというこだわりよう。

地産地消の真逆を地でいっている。

【冬晴れ】
冬晴れ

なんでも家具だけで2億したとか、
足もとの絨毯はン千万したとか、
ケタのちがうバブリーな話がおもしろかった。

できたのは1994年というから、建設中にバブルがはじけたのだろう。
それでも、現在まで順調に経営しているのだから、
よほど経営手腕の優れたひとがいるのだろうなあ。
 

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。