スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境倫理学の

ワークショップが、1/31-2/1の土日に天栄村で開かれる。
おじゃまします。

環境倫理学とはなんぞや。
鬼頭秀一(1996)の『自然保護を問いなおす』(ちくま新書)は、
その概観をとらえるのによい本だと思う。

すごく要約すると、「環境倫理」っていうのは
「自然環境を守る」というモラルのことですね。

それがどういう歴史をもっているのか、
また現在の環境倫理の問題点を指摘して、
自然環境へ対する新たな姿勢を提案していくと。
そんな内容です。

自分で書いていてもよく意味がわからないなあ。

【くさむしり】
くさむしり

なんとその鬼頭先生が天栄村へやってくるという。
直々に話が聞けるとは、貴重なことだ。
できれば意見交換もできるとよいなあ。
論文も持っていこうかなあ。

ガソリン代がかかるけど、これも将来への投資だよね。
 

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。