スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンパーツの相性

実家にあるパソコンも、自作である。
いまどき自作PCのメリットというのもあまりなく、
むしろコストやデメリットのほうが大きかったりするのだが、
いろいろといじくれたほうが楽しいので自作にした。

最近モニタがちらつくようになり、モニタ自体や
ケーブルの不具合を疑ったのだが、
どうやら問題はM/Bのグラフィック機能にあるようだった。
そこでグラボを増設した。
ちょっと昔のM/BなのでAGPである。

増設ついでに、父親が「デジタルビデオの映像をDVDに落としたい」
と言っていたので、IEEE1394カードも増設することにした。
BUFFALO製の、ロープロファイル対応PCIカード。

自作を始めたころにはコストを抑えるためにメーカー不詳のカードを買って、
相性問題に悩んだりした。
そのため最近は有名なメーカーのものしか買わないようにしている。
おかげで相性の問題はほとんど気にならなくなった。

しかし今回のIEEE1394カードは、あくまでこのM/Bとの相性に関しては、
はずれだったようだ。

【無題】
無題4

カード取り付け後にPCを立ち上げると、ドライバのインストールが行われるが、
「使用できるようになりました」のメッセージがあらわれない。
デバイスマネージャをみると、「このデバイスを開始できません」とある。
ドライバの更新をしても途中で止まる。
PCIスロットを替えたりもしたが同様。

せっかく3.5インチベイ用の前出しケーブルなどもそろえたので、
違うチップのカードを買って再チャレンジしようと思う。

ところで何度もいうようですが、本当は里山の話をしたいわけで・・・
書きたいことは山ほどあるんだけど、ちゃんと裏づけをした上で書くのって
すごく労力がいるのよね。
今月は厳しそうなので、来月からまたがんばります。
 

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。