スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟紀行

先週、新潟に行ってきた。
目的は決まっていたようないないような。
とにかく、写真が撮れればいいな、と思っていた。

私の写真はとくに場所を選ぶような類のものではないのだが、
ものすごい田舎やものすごい都会では、あまり写真が撮れる気がしない。
ごく普通の住宅地のような場所が、いちばん興味をそそられる。
それから、いわゆる観光地。

観光地はよしとして、住宅地で写真を撮り歩いていると、
かなり怪しまれる。

【新潟市】
新潟市

べつに他人のプライバシーに踏み込む気がないことは、
これまでアップしてきた写真をごらんいただければわかると思うが
(もともと「人」にあまり写真的興味を感じない)、
「写真を撮りながらうろうろしている」という行為自体が
そもそも反社会的なのだろう。

でも「あ、これいい」って思える写真が撮れると、
背徳心(べつに悪いことはしてないけど)とあいまって、
一種独特な心地よさを感じる。
これがあるから、住宅地徘徊はやめられない。

だれですか。変態って言ったの。
 

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。