スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

では、逆ティルトするとなぜミニチュア風に写るのでしょうか。
これに関してはものの本に解説もあるかもしれませんが、
ここではわたしなりの解釈を。

逆ティルトすると、ピント面がフィルム(センサー)面と交差します。
つまりピント面は帯状となり、そのほかの部分には、
普段は現れることのないピンボケの部分が生じます。
これがミソ。

【ミニチュア風墓地】
ミニチュア05

ところで人間の目というのは、視力が正常であれば、
風景を見るときには手前から奥まで全体にピントがあって見えます。
肉眼でピントのボケを意識できるのは、近くにある小さなものを見たときです。

逆ティルトした写真では、こうしたピンボケを「遠くの風景」で生み出すため、
「遠くの風景」があたかも「近くにある小さなもの」のように錯覚する。
たぶんそういうことなんだと思います。

せっかく2万円でそろえた逆ティルトセットですが、
原理がわかれば写真編集ソフトでいくらでも作れてしまいます。
いまではデジカメだけでも撮れてしまいますし・・・

目新しさはもはやないですし、
ちょっとやればすぐに飽きます。

これで作品を撮るというのは・・・これからは大変でしょうねえ。
作家の方は。

とりあえず、このシリーズはこれで終了。
つぎは研究のはなしでもしますか・・・
 
スポンサーサイト

天災です

今日は国立の某S大学で講演するため、沼津からの更新。
というより、自宅のネットが死んだので、外で更新するしか方法がない。

ネットが死んだ原因は落雷。
29日未明にやられたらしい。
同時に、液晶テレビとエアコンも昇天した。
かんべんしてよ・・・

そのくせ、冷蔵庫や扇風機は何事もなかったかのように健在だ。
家電は、頭がいいと早死にするらしい。
自分も気をつけよう。

雷ガード機能つきのタップにつないでいた自作PCも、かなりのダメージを負った。
立ち上がるには立ち上がるのだが、PCIスロットのデバイスがうまく認識されない。
OSが壊れたのかと思って再インストールを試みたが、状況に変化なし。
BIOSも問題なさそうだ。

ついていないことに、今日の講演用に作ったパワーポイントのデータは、
PCIスロットに挿したSATAカード経由で接続したHDDに保存していたので、
データが取り出せなくなった。
それどころか、データが無事かどうかもわからない。
しかし幸いにも、3日前にノートPCにバックアップをとっていたので、
少しの手直しですんだ。不幸中の幸いだ。

【大ガード】
大ガード

ところでこのPCの障害は、どうやらCATV経由で起こったらしい。
というのも、CATVに設置してもらったモデムと、LANのルータも昇天しているのだ。
そして、わたしの自作PCはPCIスロットに増設したLANカードを使っていたのである。
だから、落雷による過電流はタップ経由ではなく、
CATVのケーブルからモデム、ルータを経由して、PCのPCIスロットに流れ込んだ可能性が高い。

だとすると、雷ガードのタップを使っていたとしても、LANケーブルを抜いておかないことには
過電流が防げないということだ。
なんという落とし穴。

これを機に、ノートだけではなくてデスクトップも無線化しようと心に決めた。

しばらく外出するのと、ネット復旧工事が9/4なので、
次の更新は、9/4以降になります。

ブログのカスタマイズ

全裸生活が長く続いているため、洗濯の頻度が減ってきた。
かなりエコな生活。
究極のクールビズ。


ブログにはテンプレートがあって、このブログも誰かが作ったひな形を拝借している。
しかしより使いやすく、見やすくするためには、細かい部分でカスタマイズをする必要があった。

まずアクセスカウンターを増設。
増えていくと、なんとなくうれしい。

次に << 新しい記事 | ホーム | 古い記事 >> というのをページの一番下につくった。
これが大変だった・・・

慣れている人にはなんてことないのだろうが、
HTMLをいじるというのが、こんなに面倒だとは知らなかった。
Web Designerの人たちって、すごいのね。

【読む・歩く・読む】
読む・歩く・読む

話は変わるが、今朝、寝覚めに起き上がったときにふらついてしまい、
障子を突きやぶってしまった。
障子紙だけならいいのだが、枠まで一緒に突きやぶってしまい、
見るも無残なことになっている。
ひとりDVか・・・

暑中お見舞い申し上げます

お暑い日々が続いております。
本日よりブログを開設しました。
さて、いつまでつづくことやら・・・


08暑中
 
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。